So-net無料ブログ作成
検索選択

#108:07/08(土)20:00〜21:00・県リーグ#7・対「神奈川四十雀ジュニア」・YC&AC・晴 [04_結果]

#108:07/08(土)20:00〜21:00・県リーグ#7・対「神奈川四十雀ジュニア」・YC&AC・晴

15名:白井、小谷、生嶋、宮村、礒野、森下、草山、木村、永田、宮部、入江、浦上、川村、落合、森

対「神奈川四十雀ジュニア(前年度15位)」3-2 勝(前半:1-1, 後半:2-1)

アウェイ戦ですが、対戦相手のユニフォームが赤のためホーム用ユニフォームを着用。対戦相手は昨年15位ということでしたが、緊迫したゲームでどちらが勝ってもおかしくない内容でした。「平塚シニア」と同等レベルに感じました。新しいメンバが追加されたのかもしれません。相手は20人のメンバを揃えてきました。

開始前のミーティングでは、以下の3つを意識:

 1)ボランチのポジション取り
  特にFWとの間が間延びしないよう前後のバランスに注意
 2)CBから積極的に意図的に指示
  ポジショニングの指示はCBが意識して行うよう
 3)CK、セットプレーの集中
  マーク確認と球際の競り合い

以下、ゲーム後のミーティングより各位の感想です(一部抜粋);

宮部:守備の時のDFのライン取りに注意したい。木村さんとの会話はできていた。
木村:相手にボールを取られた時のラインの取り方を意識する必要がある。
宮村:バタバタしたゲームだった。もう少し落ち着きたい。
礒野:ゲーム前に決めた川村さんの声だし、もっと出して欲しい。
草山:最初の失点は、CBが声を出していれば防げたと思う。
小谷:失点ミスはお見合いしてしまった。後半、右サイドハーフの時に逆転した時に自分の判断で守備に回った(浦上、草山、礒野:混乱するので、必ず、皆に声を出して告げることが必要)。
落合:審判の笛が鳴るまでプレイを続けること。
浦上:距離感が不十分。ボランチだけでは不可能。連動が必要。
入江:前線でプレッシャーをかける、ボールを奪いに行く時の他の選手の連動した動きが必要。
森:GKがボールを持っての6秒ルールにまいった(森下:県リーグは細かい、永田:主審に前後のプレイでルールを守っているとアピールしていれば十分)。
川村:声は出していた。
永田:ボランチの二人だけでは不可。サイドも連動する必要がある。DFも声をかけて。
白井:DFはいつもよりミスが多かった。最初からシンプルにプレイした方が良かったように思う。
森下:DFは迷わずクリア。リスタートの時の集中。

IM_17-07-08_1.jpg
IM_17-07-08_2.jpg
RS_17-07-08.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: